家電を購入

省エネ住宅ポイントで家電を購入する場合、ポイントを利用することが出来る量販店以外は利用することが出来ないものです。そのため、予め確認しておく必要があるといえます。

詳しく読む

申請の方法

新築物件を省エネ住宅にする他、リフォームを行なって省エネ住宅ポイントの付与を受ける場合、工事期間によって申請期間は決まっているので早めに交換しないとポイントは消失してしまうので注意しましょう。

詳しく読む

車の購入

省エネ住宅ポイントは、ポイントで新車も購入することが出来ます。ポイントを車の購入券に換えることで使用することが出来ますが、対象の車以外は利用することが出来ないので予め確認する必要があります。

詳しく読む

対象住宅とは

一戸建て以外のポイント対象住宅

省エネ住宅ポイントは一戸建てのみ対象というイメージがありますが、アパートやマンションなどの共同住宅も発行対象としてみなされています。
共同住宅の場合、ポイント発行の基準が高い印象がありますが、太陽光などの太陽熱を利用した発電システムの設置や熱交換型換気の施工、住宅内で燃料電池を利用している場合などが挙げられます。
これ以外にも省エネ基準の対象となる木材を使用した木材住宅など、対象基準となるものが多いため、住宅を調べてみれば省エネ住宅ポイント対象に鳴っていることも少なくありません。
新築の場合、発行されるポイントは1戸あたり約150,000ポイントと言われていますが、被災地になると二倍の約300,000ポイントを取得できます。
エコリフォームになると、施工内容によって約2,000~100,000ポイントを発行してもらうことができます。
ポイントを手に入れ、お得に生活するためにも、新築着工やリフォームを施工した時の書類を控えておく必要があります。

ポイントを有効活用するためには

取得できたポイントは交換期限が限られているため、早めに利用することが大切です。
1ポイントは1円として換算することができるため、人によっては30万円分ポイントが発行されている場合があります。
このポイントの利用方法は、省エネ住宅エコポイントサイトをチェックすることで確認できます。
商品の交換だけでなく、省エネ住宅エコポイントの意味や、ポイント申請方法の手順も調べることができます。